強化ダンボールが出来たワケ

今やダンボール家具がとても人気になりましたが、ダンボール家具には強化ダンボールというダンボールが使われているということをご存知でしょうか。

強化ダンボールとは一般的に日本で使われている質の良いダンボールAフルートのダンボールが3層構層になっているダンボールです。
強化ダンボールはいまやいろいろなところに使われています。
とても強いダンボールでとても丈夫なので物流や家具、ダンボールでの作り物などに多数使われています。

そんな強化ダンボールですが強化ダンボールはどうして生まれたのでしょうか。

強化ダンボールは実はベトナム戦争のときに生まれました。
ベトナムのジャングルの中に基地を作って潜んでいる兵士たちに食料などの物資を運ぶ際、ヘリコプターをワザワザ降りなくても低空から落とせるように作られたダンボールなのです。

ヘリコプターから直接落とされて届くことでジャングルの中で降りるのが困難なヘリコプターでも物資を届けることができたこと、相手に見つかる前に撤退できたこと、強化ダンボールを使って簡易的な潜伏場所を作れたことなど強化ダンボールはベトナム戦争で活躍したと言われて言います。

戦争からダンボールが生まれることもあるのですね。
強化ダンボールの歴史は戦争からはじまったのです。