紙ではないダンボールがある!?

ダンボールというとパルプ紙で作られているものを想像すると思います。
今はリサイクルダンボールが主流になってきましたが、それでもリサイクルダンボールは古紙やダンボールからできているので原料は紙ですよね。

しかし、紙でできていないダンボールがあるのを知っていますか。

森林伐採の問題やリサイクルに出して再利用するのではなくダンボールそのものを何度も再利用してリサイクルに出すのではなくリユースという方法で何度もおなじダンボールを使い地球にやさしいエコなダンボールとして作られ利用されているのがプラスチックダンボールです。

プラスチックダンボールはその名の通りプラスチックでできています。
プラスチックで出来ているので何度でも使うことができますよね。
カラーも何色もありプラスチックダンボールを発注するときに指定することで好きなカラーを選択することができるそうです。

プラスチックダンボールと通常のダンボールがうまく融合してエコなダンボールで世界流通をすることで森林伐採を食い止め、地球を守ることになるかもしれませんね。

紙ではないダンボールも使ってみたいと思いませんか。
紙製のダンボールとプラスチックダンボール、どんな違いがあるのでしょうか。
使ってみて実感してください。