ダンボールっていつからあるの

ダンボールは私たちの日常の中で登場回数が多いもののひとつですよね。
なにげなく普通に手にするダンボールですがそのダンボールはいつから使われているのでしょうか。

ダンボールは日本では明治時代に作られたのが最初です。そのダンボールを作った方が起こしたダンボール会社はまだ業界1位のダンボール業者というのもすごいですよね。

ダンボールは明治時代に箱として登場し、物を入れて運ぶ役割を当時からしていました。
明治時代の日本ですでにダンボールを製造する機械を作っていたことに驚きですよね。
それから徐々にダンボール製造、ダンボールが使われる機会が増えていき、日本の経済の一番の発展となった東京オリンピック開催後にダンボールの製造が一気に増え、世界中に日本製のダンボールに入った商品や食料たちが輸出されていきました。

今でもダンボールは物流には欠かせないものですよね。
ほとんどのものがダンボールに入れられて出荷、出品していきます。

日本製のダンボールは世界のダンボールに比べて厚いものがつかわれており、とても丈夫で上質なものが多いのです。

明治時代から続く日本のダンボールの歴史ですがまだまだその歴史は続きそうですね。

今やダンボールはダンボールとしての役割だけでなく、家具や梱包材、インテリアなど様々な使用用途があり生活に欠かせないものになっています。