ダンボールのリサイクルのあとはどうなるの

みなさんは使い終わったダンボールをどうしていますか。
日本では90%以上のダンボールがリサイクルに出されます。今、ダンボールの回収は資源として町内で集められたり学校で集められたりとゴミの資源回収としては取り扱ってくれずにそういった機会でしか出せなかったり、古紙回収でしか出せないという地域がほとんどではないでしょうか。

ダンボールはゴミではなく立派な資源です。
ダンボールをすべて新品で作るものばかりになると世界中で森林伐採がとまることはありません。すぐに木材であるパルプはなくなってしまうことでしょう。

資源として集められたダンボールはリサイクルのためにいったんすべて溶かされます。
そして古紙とともにまたダンボールになるのです。

ダンボールにリサイクルされてまた資源回収に出されて…と繰り返しダンボールはなんと平均7回もダンボールとして生まれ変わることができます。
ダンボールの再利用はその原料の100%といっても過言ではないでしょう。

古紙とともに生まれ変わるダンボールはリサイクルの優等生といわれています。
少しのムダにもならないダンボールは環境にも優しいのですね。

日常使っているダンボール、リサイクルに出すのは面倒だなと思うかもしれませんがそのちょっとした行動が地球にも優しくしてる行動になりますね。