スーパーの裏はダンボールの山

一般の家庭にも何かしらのダンボールが一つや二つはありますが、スーパーやデパートの裏はダンボールだらけです。
商品を運んでくる物のほとんどがダンボールの中に入ってきますから無理はないですよね。
食品、衣類、家具、飲食店の材料、雑貨すべてダンボールに入ってきます。
これから店頭に出す商品が入っているものは高く積まれ、商品を取り出したダンボールは大量に放り出されています。
それを毎日、何回も回収業者が取りに来るのです。
「ご自由にどうぞ」という所から必要な人が自由にもらっていくこともあります。
回収業者はリサイクル工場まで運んでリサイクルするわけですが、一度しかつかっていないものでもまたすぐリサイクルの過程を通らなければ新しいダンボールとして使えないのはもったいないですよね。
野菜や果物など匂いや汁が付いてしまったものや多少でも汚れてしまったものは仕方ないとしても、例えばペットボトルが入っていたダンボールも一度運んだだけでまたリサイクル工場を通らないといけないのはリサイクルにかかるコストがもったいないです。
リサイクル90%以上という賢いダンボールですがリサイクルのサイクルを遅らせるような画期的なものができればさらにいいですよね。
リサイクルも大事ですがリデュース、リユースにも力を入れなくてはなりません。