寒さを工夫して乗り切る

節電の年である今年もたくさんのエコ商品が出ています。
電気を使わずに暖かくする工夫を日本中が考えています。
しかし、寒いのを我慢してストーブや暖房を全くつけないというのも体調を崩してしまいます。
ストーブや暖房も我慢せずに使って併用してエコ商品も使ってみましょう。
窓に貼って冷気の入りを抑えるという防寒アルミシートというものも売っています。
簡単に貼れてはがせます。
手軽に買えてちょっとつけるだけで全く部屋の暖まり方が違うので驚きます。
自分の汗で暖かくなるというシャツや電気毛布から可愛い湯たんぽに代えたり節電もお洒落にできるのです。
朝の通勤靴、通学靴にもちょっとした工夫をすると足元からポカポカと仕事や学校に行けます。
靴の中敷きに足形に切ったダンボールを入れるのです。
朝、出かける前にその足形に切ったダンボールをストーブで温めます。
燃えないように温めてからはく直前に靴の中に入れます。
そうすると朝、靴の中に足を入れた時のヒヤッとせずに足元が温かく出かけられます。
足元を温めると体も温まります。
ダンボールの保温性を利用した方法ですが、入れっぱなしはカビが生えたり湿気で濡れたりするので帰ってきたら出して干しましょう。
何度か使えます。
節電も色々工夫して楽しみましょう。